M&Aアドバイザリー

M&Aは事業承継の手段、ベンチャー企業の成長戦略の一環として今後も案件が急激に増加することが予想されています。当社では、最適なM&A戦略の策定(企業価値の算定、スキームの検討)、譲受(譲渡)企業の選定、基本合意の締結、買収監査(デューディリジェンス)の実施、譲渡契約書の締結などを一貫してサポートいたします。

最適なM&A戦略の策定

M&Aの着実な実行のためには、どのような相手が最良か、企業価値はどのくらいが妥当か、株式譲渡・事業譲渡などどのようなスキームが最適かなどを検討の上、M&A戦略の策定をサポートします。

譲受(譲渡)企業の選定

マッチングにあたっては、多くの上場会社や地元大手企業、金融機関などとのネットワークを持つディー・ブレイン九州が最適な企業を探し出し、両者の利益が最大限図られるようなスキームの立案と実行を支援します。

基本合意の締結

双方が希望する条件の合意形成をはかり、経済条件やスケジュールなど諸条件が整えば基本合意契約を当事者間で締結するサポートを行います。

買収監査(デューディリジェンス)の実施

譲受候補先企業から対象会社に対してビジネス面・法務面・会計面・税務面など様々な角度から詳細な検証を行います。

譲渡契約書の締結

最終的なM&Aの条件を調整し、契約書を作成します。実行スキーム、譲渡価格の合意など個別の条件は案件ごとに異なります。双方の条件が折り合うようサポートするとともに、実行の支援を行います。

譲渡後の経営統合サポート

M&A実施後は、経営統合のスムーズな実施が重要です。経営ビジョンの共有、事業シナジーの実現、経営管理体制の構築、人事体制の整備などM&Aの効果が最大となるようなサポートを行います。

サービスに関するご相談は
こちらよりお気軽にお問い合わせください。