Daily Archives : 1月 4th, 2016

新年のご挨拶 2016年

~1年の軌跡これからの奇跡~

 2015年は多くの機会と出会いに恵まれた年だった。まずこの1年の軌跡を振り返ってみたい。
1月の飲み会から始まった西鉄さんとのコラボレーションでは、ありえないスピードで、3月には西鉄と日本政策金融公庫、StartupGo!Go!の三者でパートナー契約が結ばれ、経済産業省の委託事業を受託する機会に恵まれた。
6月には天神のど真ん中にコワーキングスペース「天神COLOR」が開設された。併せて、アクセラレーションプログラムを開始しようということで、7月には第一線の起業家や専門家を招聘してのアクセラレーションプログラムがスタート。マネーフォワードの辻社長やエスエムエス創業者の諸藤氏など国内外14名のそうそうたるメンバーにお越しいただいている。
その間には、シンガポールで「Tech in Asia」に参加し、サンフランシスコ・シリコンバレーへの高島福岡市長の視察に同行。グーグル本社やエバーノートを訪問し、エバーノートの外村氏などの貴重なお話を現地でお聞きする機会を得た。その後、現地でお会いした著名なベンチャーキャピタリストのアニスウッザマン氏やブランドン片山ヒル氏、元ミクシィの朝倉氏などをイベントに招聘することができた。
現在は九州の大企業で本格的なオープンイノベーションの取り組みとしては初となる「西鉄オープンイノベーションコンテスト」に取り組んでいる。このような取り組みを通じて感じることは、Startupが実際に福岡を中心に増え始めているし、直接海外で勝負しようという若い起業家も多くて、本物になるのではと期待させてくれる状況になってきているということだ。
 一方で、海外のStartupの現場を知れば知るにつけ、圧倒的な量と質に、日本はこのままでは完全に乗り遅れるのではと思わざるを得ないことも多かった。国内で快適な日常生活を送っていると、今後もこの延長線上でもこの恩恵が得られるものと思いがちだ。特に福岡は恵まれすぎているので、長くいる人ほどその傾向が強いようにも感じる。
 しかし、Startupが体現するようにイノベーションの力は既存のヒエラルキーや秩序を簡単にDisrupt(破壊)してしまうので、どのような主体であっても安眠を貪ることが許されない。その危機感やあくなき向上心を維持しつづけるには、いまいる世界の外に出て、勝負の場をもっと厳しい環境に求め続けなければいけないように思う。
  「StartupGo!Go!」という活動においても、まだまだノンストップでもっと高い世界を求めて、新しい事業にも出会いにも積極的に強欲に取り組んでいきたいと思っている。
 IPOについては、昨年は2年半ぶりにQ-Board単独上場会社(エスケーホーム)が誕生し、当社もコンサルタントとして関わらせていただいた。昨年、九州からは4社の上場会社が生まれている。元は九州を拠点としていた企業2社を合わせると6社が上場した。これは2006年の8社に次ぐ多さでIPO復調の波が九州にも及んできている証左ではないかと思う。昨年当社には公認会計士の大山氏が経営に参画した。体制の刷新に合わせIPO支援体制のより一層の強化とプロモーションの強化を図っていきたいと考えている。
 しばらくもてはやされたユニコーン企業(時価総額10億ドル以上で未上場の会社)が軒並み上場を求められ、市場での評価にさらされる場面が増えそうだ。これは米国の金融緩和の終焉とともにリスクマネー分野でも評価の時期を迎えているということではないだろうか。日本でもこの数年のStartupブームの評価のフェーズにあるようにも思う。これからの数年で上場にたどり着くところとそうではないところの差が出るのではないだろうか。もちろん成長のためにはIPOだけが唯一の答えではない。米国並みにM&Aが増加していくことが、エコシステムの多様性と強化に繋がる。もっとリスクをとってベンチャーに投資する主体が増えていくことに期待したい。起業家が起業家を育てるような好循環がエコシステムの進化には欠かせない。
 今後の注目分野としては、IoT、Fintech、シェアリングエコノミー、人口知能、ロボット、ビッグデータ、iPS・・とイノベーションの種にはこと欠かない。ふとしたきっかけでアイデアが産まれ、コンピュータさえあればすぐにもそれが具現化できてしまい世界に展開できる。なんてエキサイティングな世の中だろうか!
 この一年の軌跡を振り返りながら、奇跡(ミラクル)に恵まれたと心底思う。なぜそうなったのか?世界がイノベーションという奇跡を生み続け、福岡がStartupで注目されているという環境によるところが大きいと思う。福岡が本物になっていくにはこのミラクルが常に起き続ける街になっていくことが必要なのではないか。人生を変えるような、世界を変えるようなアイデアが出会いが生まれ続けるような「場」の創出を通じてそれらに貢献していきたいと思っている。
                2016年元旦
                    株式会社ディー・ブレイン九州 代表取締役
                    StartupGo!Go!実行委員会 実行委員長
                                  岸原 稔泰